トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

IETF105Updateの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!! IETF報告会 ([105th モントリオール|https://www.ietf.org/how/meetings/105/]) / IETF105 Update Meeting


!! 会合情報
:日時: 2019年8月30日(金) 13:30 - 17:30(受付開始 13:10) 


:会場: 大手町プレイスウエストタワー28F NTTコミュニケーションズセミナールーム3

* 〒100-8019 東京都千代田区大手町2-3-1
* [1]東京駅・・・JR(丸の内北口)/下車徒歩8分
* [2]大手町駅・・・東京メトロ(A5出口)/下車徒歩3分
*  https://www.ntt.com/about-us/company-profile/organization/B02-013/B02-010-otemachi_place.html

※3Fエントランスホールでの入退館にはQRコードの提示が必須です。
受付開始(13:10)〜報告会開始(13:30)まではエントランスホールで受付スタッフがQRコードをお渡しします。
それ以外の時間は、以下に記載のチャット(Zoomクライアントが必要です)で受付前にいることをお知らせください。
その際はスタッフ到着までしばらくお待ちいただく場合がありますが、予めご了承ください。

:主催:
* Internet Society日本支部 (ISOC-JP)
* 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター (JPNIC) 

:後援:
* 一般社団法人情報通信技術委員会 (TTC) 

:参加費: 無料
* 終了後、会場近辺で懇親会(実費)を開催いたします。

!! 参加申込
https://isocjp.doorkeeper.jp/events/96564

!! 配信URL(予定)
動画

https://www.youtube.com/channel/UCo1SQVIvJYWPvQXs9psFk0A

投影画面およびチャット

https://isoc.zoom.us/j/796572628

!! 報告内容

IETF105では、多くの人参加者が集まり、インターネットの健全な発展のために技術的な議論が行われました。例えば、これまでの議論(IPv6, DNS, ルーティングプロトコル, DoH, 5G)に加え、IoTとそのセキュリティ、5Gや次世代のルーティングといった、多岐に渡って議論を行 いました。また、IETF Hackathon も引き続き行われており、さらに多くの積極的な活動が行われました。

そのような IETF105 の様子を、会合に参加された方からご報告、及び参加するにあったって有用なツールについて発表をいただく予定です。最新動向だけでなく、参加者との積極的な議論の場として、本報告会をご活用頂ければと思います。

下記の報告を予定しています。 

1. IETF105 トピック 
* 全体概要報告 
* SRv6関連
* 初参加体験談LT

2. 各エリア/WG トピック 
* 5G報告 
* mls・セキュリティ関連報告 
* DNS over HTTPS(DoH)関連報告

!! プログラム

,Topic(トピック),Start Time(開始時間),Duration(発表時間),Abstract(概要),Speaker(話者),Affiliation(所属),Material(資料)
,オープニング,13:30,5,,後藤 浩行,ISOC-JP ISPCチェア,
,IETF105全体報告,13:35,40,IETF105全体報告,後藤 浩行,グリー株式会社,{{ref ietf105-goto.pdf}}
,LT,14:15,15,初めてのIETF,塩沢啓,JPNIC,{{ref ietf105-shiozawa.pdf}}
,,,,IETF初参加記録,磯部光平,セコム IS研究所,{{ref ietf105-isobe.pdf}}
,Break 1,14:30,15,,,,
,DNS over HTTPS at IETF 105,14:45,30,"This presentation will provide a quick background about DNS over HTTPS, and share a summary of various discussions held at IETF 105 and thereafter. Finally, I will share our latest thinking and status for DoH in Chrome. (HTTPSの背景を伝えた上で、IETF105で議論された点を紹介します。また、Chromeチームの考え方とステータスを共有させていただきます。)",Kenji Baheux,Google Japan,{{ref ietf105-kenji.pdf}}
,"Messaging Layer Security, and other security related stuff",15:15,30,Messaging Layer Securityという複数間のセキュアメッセージングの鍵交換を実現するプロトコルについて、その概要、今回行われた提案と今後の展開。その他、セキュリティエリアに関連しそうなアップデート,梶原龍,レピダム株式会社,[資料(speakerdeck)|https://speakerdeck.com/sylph01/messaging-layer-security-and-stuff-at-ietf105]
,Break 2,15:45,15,,,,
,"IETF 105 での TEEP の動向・IETF参加時のツールの使い方",16:00,30,"「IETF 105 での TEEP の動向」Trusted Execution Environment Provisioning (teep) のドラフトが議論されています。目的として Intel や ARMなど特定の CPU に依存しない形で TEE で動かす Trusted Application (TA)のライフサイクルの管理の実現を目指しています。IETF 105 の報告会では、会場で議論になったTEEP を具現化するために必要な鍵、証明書などを使う個所の詳細化議論と、TEEPの実現に必要なほかのRATS Working Groupなどとの協業の議論などを紹介いたします。「IETF参加時のツールの使い方」IETF のセッションでは議事録などを参加者の中からボランティアを募って実現しています。ボランティアを申し出ることが出来るように、セッション参加時に要求される jabber や議事録のツールのインストールと準備を紹介いたします。他にも初めてIETFに参加する時に知っていると便利な、IETF のWIFI の証明書インストール方法と会場でプリンターの使い方を紹介いたします。",塚本明、須崎有康,産業技術総合研究所,{{ref ietf105-tsukamoto.pdf}}、{{ref ietf105-tsukamoto2.pdf}}
,"Network Programming extension: SRv6 uSID instruction",16:30,30,SRv6その先へ...。,上手 祐治、上野 幸杜,NTTコミュニケーションズ,{{ref ietf105-sr-intro.pdf}}、{{ref ietf105-ueno.pdf}}、{{ref ietf105-kamite.pdf}}
,SRv6その先へ...,16:30,30,"Network Programming extension: SRv6+ / uSID instruction",上手 祐治、上野 幸杜,NTTコミュニケーションズ,{{ref ietf105-sr-intro.pdf}}、{{ref ietf105-ueno.pdf}}、{{ref ietf105-kamite.pdf}}
,5G関連 最新動向,17:00,30,"5Gネットワークに関連するIETFにおける各WGの最新状況について報告します。具体的には、Mobile UserPlane全般を扱うDMM WGと5GネットワークにおけるTraffic Engineeringを扱うTEAS WGを中心に紹介します。",宮坂拓也,株式会社KDDI総合研究所,{{ref ietf105-miyasaka.pdf}}
,クロージング,17:30,5,,,,
,アンケート回収,17:35,10,,,,