トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

ISPC/Charter2019

# インターネット標準化推進委員会 | Internet Standardization Promotion Committee (ISPC)

## 趣意・目的

インターネット技術の標準化は、ISOCの活動の大きな柱の一つである。
インターネット標準化推進委員会(ISPC)は、インターネット技術標準化を促進し、インターネットの健全な発展に資することを目的とする。
その目的のもと、インターネット技術標準化に関与する人・組織を増やすために、
標準化に関するホットトピックスや、各種技術の検討状況の国内への紹介、標準化活動への参加方法の共有等を実施する。

## 活動内容
インターネットに関する技術の国際標準化動向や、それらの社会的背景について、情報をタイムリーに広めるために、下記の活動を行う。
 * 標準化に関するホットトピックスや、各種技術の検討状況の国内への紹介
 * インターネット技術標準化活動への参加方法の共有

## 活動期間
 * 臨時委員会のため期間は特に定めないが、1年ごと(各年1月)に委員会の継続および本チャーターの内容について見直しを行う

## ISPC体制
 * ISPCメンバー参加方法
   - ISPCメンバーへの参加希望者は、ISOC-JP MLやWebサイトで適宜告知される募集期間中(少なくとも告知後2週間の期間を設ける)に募集要項に則って応募を行う
   - 募集期間終了後、1週間以内にISPCチェア・副チェアが参加希望者のISPCメンバー承認可否判断を行う
   - ISPCメンバーの任期は承認後1年間とする
   - 1年ごとの本チャーター見直しの際に、従来のメンバーが継続意思表示した場合は、その時点から任期を1年間延長する
 * ISPCチェア・副チェアの選任
   - ISPCチェア・副チェアはメンバー間の互選によって決定する
   - 1年ごとの本チャーター見直しに先んじて、毎年12月に翌年のISPCチェア・副チェアの選任を行う
   - また、不測事態の発生時には、上記時期に限らず再選任を行えるものとする
  * 本チャーターはISPCチェアが更新できるものとする

## 1年間でのマイルストーン(スケジュール)
 * IETF報告会(年3回: 4月頃・8月頃・12月頃) (必須)
 * 若手(次世代)育成を目的とした標準化チュートリアル(年1回程度)
 * 企業の管理者・ビジネス担当者の理解向上を目的とした標準化意義を考えるパネル(年1回程度)
 * その他、ISPCメンバーから提案された活動を適宜行う

## 各ISPCメンバーに発生する業務・稼働見込み
 * IETF報告会の企画・実施・まとめに関すること(平均2h/w程度)
 * ISPCが開催するイベントに関すること(6h/イベント, 5イベント/年程度)
 * 定期ミーティング(1.5h/3w程度)への積極的参加

## ISPCメンバーからの脱退
 * 脱退の意思表示は随時自己申告(申告先はISPCチェア・副チェア)
 * 定期ミーティングに無断欠席を複数回繰り返すなど、活動に支障があるとISPCチェア・副チェアが判断した場合には、脱退を勧告し、応答がなければ1ヶ月で脱退とする

## 各ISPCメンバー間のコミュニケーションチャネル
参加後、ISPCチェア・副チェアは速やかにメールアドレスの登録やアカウントの発行を行う。
脱退後、ISPCチェア・副チェアは速やかにメールアドレスの削除やアカウントの削除を行う。
 * MailingList: standardization@ml.isoc.jp
 * Slack: https://isoc-jp.slack.com/ #ISPC(private)
 * ISOC-JP Wiki: https://www.isoc.jp/members/wiki.cgi/ISPC
 * Google Docs: https://drive.google.com/drive/u/0/folders/0AH4h18fjl4yrUk9PVA
 
## 今期(2019)の成果目標
 * マイルストーンで定めた各イベントの企画・開催
 * 各イベント資料の公開
 * イベント報告書の作成(限定公開、公開先はISPCチェア・副チェアが指定)